文字サイズ

広島、長野、堂林が連続適時打

 2回、左前へ適時打を放つ広島・堂林(撮影・立川洋一郎)
2回裏広島無死一、二塁、中前へ適時打を放つ広島・長野久義=マツダスタジアム(撮影・立川洋一郎)
2枚

 「広島-阪神」(7日、マツダスタジアム)

 広島の長野久義外野手が反撃ののろしとなる適時打を放った。

 0-2とリードされて迎えた二回。四死球で無死一、二塁のチャンスをつくるとカウント2-2から阪神・岩田のスライダーを捉え、中前に運んだ。「まっちゃん(松山)がかえってこられるところに落ちてくれました」と話した。なお、無死一、二塁で続く堂林翔太内野手もフルカウントから直球をたたきつけ、高いバウンドで三塁の頭上を越える左前適時打を放ち、同点に追いついた。

 なお、試合は三回表に阪神が再び勝ち越し、2-3となっている。

野球スコア速報

関連ニュース

    編集者のオススメ記事

    広島カープ最新ニュース

    もっとみる

    スコア速報

    主要ニュース

    ランキング(野球)

    話題の写真ランキング

    写真

    デイリーおすすめアイテム

    リアルタイムランキング

    注目トピックス