文字サイズ

広島、最終回の5点の猛攻も2点届かず 中村祐は先頭打者から3者連続被弾

1回、青木(右)にソロを浴びた中村祐
9回、左前打を放つ磯村
9回、右前適時打を放つ坂倉
3枚

 「ヤクルト8-6広島」(20日、神宮球場)

 最終回の猛攻もあと一歩及ばなかった。7点を追って、先頭の鈴木誠が二塁打で出塁。松山の中前打で一、三塁とし、堂林の投ゴロ併殺の間に1点を奪った。2死走者なしとなったが、ここから驚異の粘りを見せた。

 田中広、磯村の連打で一、二塁とし、代打板倉が右前適時打、さらにピレラの左中間に2点二塁打、上本の中前適時打で2点差まで詰め寄り、完投目前の小川をKOした。2番手・石山から野間が右前打を放ち、一、三塁。同点の走者を出したが、最後は代打正随が三振に倒れた。

 中村祐にとって苦い今季初先発だった。初回、先頭の浜田に先頭打者本塁打を浴びると、2番・青木、3番・山田にも連続被弾。いきなり3点を失った。先頭打者からの3者連続本塁打を打たれたのはプロ野球史上5度目で、広島としては球団初だった。

 東京・関東一高出身。高校時代に慣れ親しんだ神宮で、プロ入り7年目で初登板だった。3連続被弾後は五回1死から小川に中前打を打たれるまで無安打、4連続三振も奪った。五回2死一塁から青木に四球を与えた際に、左足を気にするそぶりを見せ、そのまま降板。4回2/3を被安打4。失点は3連続本塁打による「3」のみだった。

 だが、打線がヤクルト先発・小川に中盤までの好機を生かせなかった。三回は1死三塁の好機に大盛が三振、菊池涼が二ゴロに倒れた。四回は無死から長野が中前打で出塁したが、鈴木誠、松山、堂林が凡退。六回は1死から失策で出塁した鈴木誠が二盗、三盗を決める執念を見せたが、得点に至らなかった。

 六回から登板した島内が3安打1四球で1死も取れずに降板。この回4点を失い大量リードを許したことが痛かった。

野球スコア速報

関連ニュース

    編集者のオススメ記事

    広島カープ最新ニュース

    もっとみる

    スコア速報

    主要ニュース

    ランキング(野球)

    話題の写真ランキング

    写真

    デイリーおすすめアイテム

    リアルタイムランキング

    注目トピックス