文字サイズ

広島・大瀬良が手術 松原チーフトレーナー「一番良い方法、時期を考えた結果」

 広島は16日、大瀬良大地投手(29)が群馬県館林市内の病院で「右肘関節鏡視下遊離体摘出・骨棘切除・滑膜切除」の手術を受けたと発表した。

 松原チーフトレーナーは「総合的に、痛みも状況も、パフォーマンスを含めベストな方法を選んだ。一番良い方法、時期を考えた結果」と説明した。

 5日のDeNA戦で3回1/39安打8失点で降板。2試合連続で4回を投げきれなかった。球威も本来とはほど遠く、翌6日に今季2度目の1軍選手登録を抹消された。

 退院や復帰時期などの詳細は明かされなかったももの、今季中の復帰は絶望的と見られる。松原トレーナーは「チームを離れるのを一番、嫌がる。責任感が強い。断腸の思いだったと思う」。来季開幕について問われると「彼もそのつもりだし、われわれもそのつもり」と力を込めた。

 大瀬良は8日に3軍に合流した際、「検査結果が出るまで何とも言えないが、やれることをこつこつ頑張ります」と話していた。2年連続の開幕投手を務めた今季は、ここまで11試合で5勝4敗、防御率4・41。

関連ニュース

    編集者のオススメ記事

    広島カープ最新ニュース

    もっとみる

    スコア速報

    主要ニュース

    ランキング(野球)

    話題の写真ランキング

    写真

    デイリーおすすめアイテム

    リアルタイムランキング

    注目トピックス