文字サイズ

広島・大瀬良 8失点KOに「2試合連続で悔しい結果」

4回表途中で降板し、ベンチで視線を落とす大瀬良(左端)=撮影・立川洋一郎
4回、柴田(手前)に3ランを浴び、表情を曇らせる大瀬良(撮影・立川洋一郎)
1回、DeNA・ソトに先制適時打を打たれる広島・大瀬良=マツダスタジアム(撮影・立川洋一郎)
3枚

 「広島1-10DeNA」(5日、マツダスタジアム)

 先発した広島・大瀬良が早々とKOされて降板した。3回1/3を投げ、9安打8失点の乱調。修正を図れないまま四回途中でマウンドを降りた。「自分の球が投げられなかった。コントロール的にも高かった。2試合連続で悔しい結果。自分を見つめ直し、また頑張ります」と試合後、右腕は懸命に前を向いた。

 初回、先頭の梶谷に左中間への二塁打でピンチを招くと、1死三塁から3番・ソトに初球の直球を中前へはじき返され、先制点を奪われた。続く佐野にもヒットでつながれ、宮崎の内野ゴロの間に2点目を献上。立ち上がりから後手に回った。

 序盤から変化球を中心に投球を組み立てたが、決め球が甘くなりDeNA打線に安打を重ねられる展開。三回は2死からソトに低め直球を右中間スタンドに運ばれ、四回は無死一、三塁で柴田に右翼スタンドへ3ラン。

 歯止めはきかず、続く投手の大貫に安打を許して1死後、梶谷を中前打で出塁させたところで佐々岡監督はベンチを出て交代を告げた。前回8月29日の阪神戦では、味方の拙守もあって3回7安打5失点(自責点4)。好投で苦しむチームを救いたいマウンドだったが、悔しさの募る62球となった。

 佐々岡監督は「(大瀬良)大地の状態があまり良くなかったし、球も悪かった」とし、登板間隔を空けるかという問いには「考える、今から」と話すにとどめた。

野球スコア速報

関連ニュース

    編集者のオススメ記事

    広島カープ最新ニュース

    もっとみる

    スコア速報

    主要ニュース

    ランキング(野球)

    話題の写真ランキング

    写真

    デイリーおすすめアイテム

    リアルタイムランキング

    注目トピックス