文字サイズ

広島・大瀬良、5回8安打5失点で降板

 5回5失点の大瀬良はベンチで険しい表情(撮影・田中太一)
3枚

 「阪神-広島」(15日、京セラドーム大阪)

 広島の大瀬良大地投手が5回8安打5失点(自責点4)でマウンドを降りた。

 初回1死三塁で、サンズの強烈なライナーが左すね付近を直撃。打球が転々をする間に糸井の生還を許して先制点を与えた。さらにボーアに中前適時打を浴び、2失点してこの回を終えた。

 三回は不運から1点を失う。1死一塁でサンズが本塁塁上付近へ高く打ち上げた。捕球を試みようとした会沢が助っ人とぶつかり転倒。打球は、カバーに来ていた松山のグラブの先に当たり、グラウンドに落ちた(記録は松山の失策)。そして2死一、二塁でボーアの右前適時打で失点した。五回にも2点を奪われた。

 前回8日に西勇と投げ合った試合は7回5安打1失点で勝ち投手になっていた。

野球スコア速報

関連ニュース

    編集者のオススメ記事

    広島カープ最新ニュース

    もっとみる

    スコア速報

    主要ニュース

    ランキング(野球)

    話題の写真ランキング

    写真

    デイリーおすすめアイテム

    リアルタイムランキング

    注目トピックス