文字サイズ

広島チグハグ 五回まで1得点 絶好機で西川が併殺打

中前打を放つ広島・大盛=マツダスタジアム(撮影・立川洋一郎)
左前打を放つ広島・田中広=マツダスタジアム(撮影・立川洋一郎)
適時内野安打を放つ広島・鈴木誠也=マツダスタジアム(撮影・立川洋一郎)
3枚

 「広島-中日」(11日、マツダスタジアム)

 広島打線が五回まで4安打1得点と、中日先発・福谷を打ちあぐねている。

 初回、先頭の西川が四球で出塁するも、後続が封じられ無得点。福谷の140キロ台後半の威力ある速球にねじ伏せられる場面が序盤は目立った。三回まで無安打で、四回、先頭の堂林が中前安打うぃ放ってチーム初安打をマーク。その後盗塁と内野ゴロで1死三塁とし、4番・鈴木誠の遊撃への適時内野安打で1点をかえした。

 1-4の五回は1死から田中広、代打・大盛の連打で一、三塁の好機を作ったが、1番・西川が初球を打って遊ゴロ併殺。チャンスをモノにできず、劣勢の展開となっている。

野球スコア速報

関連ニュース

    編集者のオススメ記事

    広島カープ最新ニュース

    もっとみる

    スコア速報

    主要ニュース

    ランキング(野球)

    話題の写真ランキング

    写真

    デイリーおすすめアイテム

    リアルタイムランキング

    注目トピックス