文字サイズ

広島・野村が突如乱調 四回途中3失点で今季最短KO

4回、降板する広島・野村=マツダスタジアム(撮影・立川洋一郎)
中日打線を相手に力投する先発の広島・野村=マツダスタジアム(撮影・立川洋一郎)
中日打線を相手に力投する先発の広島・野村=マツダスタジアム(撮影・立川洋一郎)
3枚

 「広島-中日」(11日、マツダスタジアム)

 先発した広島・野村が突如乱れ、今季最短となる四回途中3失点で降板した。

 三回まで中日打線を2安打に封じ、危なげない投球を披露していた野村だが、変調が見えたのは四回だった。先頭の安部が放った三塁線への打球が内野安打となり、1死一塁から5番・高橋に外寄りのツーシームを左翼スタンドに運ばれ、先制2ランを浴びた。

 さらに続く井領、郡司の連打でピンチを広げ、8番・福田に左前への適時打で3点目を失った。立ち上がりから自慢の制球力を示していたが、四回は明らかに外れるボールも見られた。

 野村はここまで2勝を挙げ、自身3連勝を目指したマウンド。マツダスタジアムでの中日戦は通算9勝3敗と抜群の相性を誇っていたが、まさかの途中降板となってしまった。

野球スコア速報

関連ニュース

    編集者のオススメ記事

    広島カープ最新ニュース

    もっとみる

    スコア速報

    主要ニュース

    ランキング(野球)

    話題の写真ランキング

    写真

    デイリーおすすめアイテム

    リアルタイムランキング

    注目トピックス