文字サイズ

広島・長野がマルチ安打 “夏男”8月月間打率は・389に浮上 監督「頼もしい」

 3回が終了してベンチへ戻り、ナインの祝福に笑顔を見せる適時二塁打を放った広島・長野=マツダスタジアム(撮影・立川洋一郎)
3枚

 「広島6-1中日」(10日、マツダスタジアム)

 広島の長野久義外野手(35)が貴重な追加点となる適時二塁打を放った。

 1-0で迎えた三回。1死三塁から中日・小笠原の真ん中143キロ直球を強振し、左翼線へ運んだ。「追加点につながって良かったです」と笑顔で振り返った。

 佐々岡監督は「本当に調子がいい。彼が打てば雰囲気が良くなる。引っ張ってくれている。頼もしい」と賛辞を送った。

 8月に入り、6戦連続マルチ安打を記録するなど夏男ぶりをいかんなく発揮している。9日の阪神戦(マツダ)で連続安打が7で止まったが、この日は初回にも左翼線へ二塁打を放ち、これで7度目のマルチ安打を記録。8月の月間打率は・389にまで上昇した。

 朝山打撃コーチは「調子がいいので3番で固定している。実績も十分だし、体も動いている」と評価した。

 チームは今季初の3カード連続初戦勝ち。9連戦勝ち越しを決めた。八回にも2死満塁から代打・坂倉の中前2点適時打などで攻撃の手を緩めず、計9安打6得点を奪った。

 「体は元気です」とはつらつとしたプレーで観客を魅了した長野。引き続き好調を維持しながら鯉打線をけん引していく。

野球スコア速報

関連ニュース

    編集者のオススメ記事

    広島カープ最新ニュース

    もっとみる

    スコア速報

    主要ニュース

    ランキング(野球)

    話題の写真ランキング

    写真

    デイリーおすすめアイテム

    リアルタイムランキング

    注目トピックス