文字サイズ

広島 “坂倉2番”の新打線も敗戦 佐々岡監督「きょうは機能しなかった」

8回、中飛に倒れる坂倉。後方はガックリする広島ベンチ(撮影・田中太一)
 8回、フェンスまであと一歩足らず、中飛に終わった広島・坂倉(撮影・立川洋一郎)
 3回、センターへ大飛球を放つも阪神・近本の好捕で中飛に終わる広島・坂倉(撮影・立川洋一郎)
3枚

 「広島1-5阪神」(9日、マツダスタジアム)

 広島は接戦に競り負け、今季初の3連勝と4位浮上を逃した。

 打線は二回に、菊池涼の左犠飛で得点して以降0行進だった。好調の坂倉を初めて2番に抜てき。西川、坂倉、長野、鈴木、松山、堂林と並べたものの、秋山を捉えきれなかった。指揮官は「攻撃的にと。調子の良い打者を(上位に)置いたけど、きょうは機能しなかった」と振り返った。朝山打撃コーチは「立ち上がりからコーナーに丁寧に投げられたので、(狙い)球を絞れなかった」と話した。

 それでも九回は抑えのスアレスから1死満塁の好機をつくった。同コーチは「諦める選手はいない。1回でも多く、3人で終わらないようにと思っている」と力を込めた。

 投手陣は、1-2の八回から登板した一岡が、大山に左越えソロを被弾。九回はDJ・ジョンソンが先頭打者への四球をきっかけに2失点した。佐々岡監督は「(一岡は)2死からの長打。やってはいけないことをやってしまったので反省してほしい。DJはボールが先行しての四球だった」と話した。

野球スコア速報

関連ニュース

    編集者のオススメ記事

    広島カープ最新ニュース

    もっとみる

    スコア速報

    主要ニュース

    ランキング(野球)

    話題の写真ランキング

    写真

    デイリーおすすめアイテム

    リアルタイムランキング

    注目トピックス