文字サイズ

鈴木誠休ませた広島 左打者が示した可能性 狙い通りの青柳攻略 西山秀二氏の分析

5回、2点適時三塁打を放つ羽月(撮影・立川洋一郎)
3枚

 「広島11-6阪神」(7日、マツダスタジアム)

 広島が今季5度目の2桁得点で快勝。4番鈴木誠らを欠いた中、代役で4番に入った松山が3ランを含む3安打4打点。初の1軍昇格の羽月がプロ初安打初打点など3打点と結果を残した。デイリースポーツ評論家・西山秀二氏は、主力を休ませながら、“青柳攻略”を期待されて起用された左打者たちの働きを評価した。

  ◇  ◇

 カープにとって“狙い通り”になった試合といえるのではないか。この日は移動ゲームだったこともあり、菊池涼や鈴木誠ら主力選手がスタメンから外れた中で羽月、松山、坂倉ら左打者がいい働きを見せた。

 阪神先発が青柳だったこともあり左を意識したスタメンオーダーだった訳だが、西川や野間もそうだが、左打者が良い働きをしたことに乗って代打で出場した右の長野も2点タイムリーを放つなど良い流れが出ていた。羽月に関しては、はつらつとしたプレーが印象的だった。特に五回2死一、二塁の場面では、浮き気味のチェンジアップをよく仕留めた。

 層の厚さを改めて感じさせる内容。青柳といった変則的な右投手に対して、この日のようなオーダーも組めることも示せた。今後の戦いに向けて、バリエーションの広がりを感じる試合でもあった。

野球スコア速報

関連ニュース

    編集者のオススメ記事

    広島カープ最新ニュース

    もっとみる

    スコア速報

    主要ニュース

    ランキング(野球)

    話題の写真ランキング

    写真

    デイリーおすすめアイテム

    リアルタイムランキング

    注目トピックス