文字サイズ

広島・羽月が大暴れ プロ初長打の右越え2点三塁打 バントでプロ初安打&初打点も

 「広島-阪神」(7日、マツダスタジアム)

 広島の2年目・羽月隆太郎内野手が、初の長打を放った。

 6-4の五回。西川が申告敬遠され2死一、二塁で打席に立ち、小川のスライダーを「無心で食らいついていきました」。打球は右中間へグングンと伸び、右翼手・福留が伸ばしたグラブの先へ落ちた。チーム屈指のスピードスターはすぐさま加速し一気に三塁へ。2点適時三塁打だ。

 この日、初めて1軍に昇格し、即「2番・二塁」でスタメン出場した。初回無死一塁では送りバントを決め、松山の先制打をお膳立て。二回1死一、三塁では一塁線へセーフティースクイズを試み、適時内野安打を奪った。これがプロ初安打初打点だ。

 二塁の守備でも中前へ抜けそうな打球に飛びつくなど好守でチームをもり立てる。フレッシュな若鯉がチームの起爆剤になりそうだ。

野球スコア速報

関連ニュース

    編集者のオススメ記事

    広島カープ最新ニュース

    もっとみる

    スコア速報

    主要ニュース

    ランキング(野球)

    話題の写真ランキング

    写真

    デイリーおすすめアイテム

    リアルタイムランキング

    注目トピックス