文字サイズ

広島 鈴木誠の代役4番松山とピレラの適時打で2点を先制

1回、中前へ先制適時打を放つ松山(撮影・立川洋一郎)
2枚

 「広島-阪神」(7日、マツダスタジアム)

 広島が2点を先制した。

 初回、先頭西川が四球、プロ初スタメンの2番・羽月が送りバントを決めて1死二塁とした。3番・堂林は三振に倒れたが、鈴木誠がスタメンから外れ今季初めて4番に入った松山が、中前へ適時打を放ち、1点を奪った。

 松山は「ボールの内側をしっかり打つことが出来ました。羽月も(バントで)送ってチャンスを作ってくれたので、先制点になって良かったです」とコメントした。

 続く坂倉が右翼フェンス直撃の二塁打で2死二、三塁となり、6番・ピレラの高く弾んだ打球が遊撃への内野安打となり、1点を追加。阪神先発・青柳の立ち上がりを攻めて2点をもぎ取った。

野球スコア速報

関連ニュース

    編集者のオススメ記事

    広島カープ最新ニュース

    もっとみる

    スコア速報

    主要ニュース

    ランキング(野球)

    話題の写真ランキング

    写真

    デイリーおすすめアイテム

    リアルタイムランキング

    注目トピックス