文字サイズ

広島・松山が先制打 起点は2番・堂林の一打

1回、左前に先制適時打を放つ広島・松山=神宮(撮影・金田祐二)
2枚

 「ヤクルト-広島」(5日、神宮球場)

 広島の松山竜平外野手が先制の左前適時打を放った。

 初回だ。今季初めて2番で起用された堂林の中前打から2死一、三塁とした場面で、ドラフト4位・大西(大商大)の直球をはじき返した。

 「大振りすることなく、コンパクトに捉えることができた。先制点になって良かったです」

 チームは前日4日に、今季初めて火曜日を勝利で飾った。この日は、初めての3連勝を狙っての一戦になる。

野球スコア速報

関連ニュース

    編集者のオススメ記事

    広島カープ最新ニュース

    もっとみる

    スコア速報

    主要ニュース

    ランキング(野球)

    話題の写真ランキング

    写真

    デイリーおすすめアイテム

    リアルタイムランキング

    注目トピックス