文字サイズ

広島・九里は4回3失点で降板 今季チーム未勝利“魔の火曜日”今回も劣勢

 4回、西田(右)に二塁打を浴びる九里(撮影・中田匡峻)
 粘りの投球を見せる九里(撮影・金田祐二)
 4回、西田に2打席連続で二塁打を浴び、厳しい表情の九里(撮影・中田匡峻)
3枚

 「ヤクルト-広島」(4日、神宮球場)

 先発した広島・九里亜蓮投手は4回7安打3失点と役割を果たせずマウンドを降りた。

 初回は無失点で切り抜けたが、不運も重なり、二回に2点を先制された。先頭・山崎のボテボテの投ゴロが佐々岡監督のリクエストも実らず、内野安打。1死後、エスコバーは止めたバットにボールが当たったことが幸いして三塁前にボテボテの内野安打となり、1死一、二塁となる。

 九里としてはアンラッキーな内野安打でピンチを迎えた。さらに自身の暴投で二、三塁となったところで、西田に右翼への2点適時打を浴びた。

 四回は先頭の西田に右中間への二塁打。犠打で1死二塁とされてから1番・坂口に初球、甘く入ったツーシームを中堅にはじき返される適時打で3点目。打順が巡ってきた五回の攻撃で代打を送られて降板となった。

 カープは、4日から9連戦で、チームは今季、火曜日の試合で未勝利。流れに乗りたい一戦だが、この日も主導権を握られている。

野球スコア速報

関連ニュース

    編集者のオススメ記事

    広島カープ最新ニュース

    もっとみる

    スコア速報

    主要ニュース

    ランキング(野球)

    話題の写真ランキング

    写真

    デイリーおすすめアイテム

    リアルタイムランキング

    注目トピックス