文字サイズ

広島・九里 二回に先制許す ヤクルト・エスコバー“珍安打”後に西田が2点適時打

 2回、西田(左)に先制の2点適時二塁打を浴びる九里(撮影・中田匡峻)
 2回、エスコバーが止めたバットに当てたボテボテの打球を必死の形相で指さす九里。不運な内野安打に…(撮影・金田祐二)
 つば九郎から九里へのメッセージ。「やくるとすわろーずのかんとくはASIAです。ふかいいみはありません」(撮影・中田匡峻)
3枚

 「ヤクルト-広島」(5日、神宮球場)

 広島・九里亜蓮投手が不運も重なり、二回に2点を先制された。

 この回、先頭のヤクルト・山崎のボテボテの投ゴロが佐々岡監督のリクエストも実らず、内野安打となる。1死後、エスコバーは止めたバットにボールが当たったことが幸い。三塁前にボテボテのゴロが転がり、これも内野安打となり、1死一、二塁となる。九里としてはアンラッキーな内野安打でピンチを迎えた。

 そして九里の暴投で走者が二、三塁となったところで、西田に右翼へ2点適時打を浴びた。

 5位・中日とゲーム差なしながら最下位の広島。序盤でリードを許す展開となった。

野球スコア速報

関連ニュース

    編集者のオススメ記事

    広島カープ最新ニュース

    もっとみる

    スコア速報

    主要ニュース

    ランキング(野球)

    話題の写真ランキング

    写真

    デイリーおすすめアイテム

    リアルタイムランキング

    注目トピックス