文字サイズ

広島、長野適時打、西川3ラン 大量リード奪う

 「巨人-広島」(2日、東京ドーム)

 広島が長野の適時打と西川の本塁打でさらに追加点を挙げた。

 まずは長野。六回2死三塁から高木の直球を右前にはじき返す適時打で6点目。長野は二回1死満塁で凡退したことを踏まえ「満塁のチャンスで打ててなかったので、いいところに落ちてくれて良かったです」とコメントした。長野は四回にも右前打で出塁しており、これで2試合連続のマルチ安打となった。

 攻撃の手を緩めない打線は七回、2死二、三塁で西川が田中豊の初球、甘く入った150キロを捉え左中間スタンドへの3ランで巨人を突き放した。西川は「思い切っていきました。(先発の)遠藤が頑張っているので、いい援護点になって良かったです」と話した。

野球スコア速報

関連ニュース

    編集者のオススメ記事

    広島カープ最新ニュース

    もっとみる

    スコア速報

    主要ニュース

    ランキング(野球)

    話題の写真ランキング

    写真

    デイリーおすすめアイテム

    リアルタイムランキング

    注目トピックス