文字サイズ

これぞ4番!広島・鈴木誠 値千金の決勝9号2ラン「祐輔さんを楽にさせられた」

 6回、先制2ランを放って生還し、ピレラ(左)とタッチを交わす鈴木誠
2枚

 「広島2-0中日」(29日、マツダスタジアム)

 重い空気を切り裂いたのは広島・鈴木誠だった。思い切りバットを振り抜き、バックスクリーン右へ突き刺す。4番という姿を体現する一打。値千金の9号2ランが、大きな歓喜をもたらした。

 0-0の六回2死一塁で高めのチェンジアップを捉えた。「投手戦。祐輔さん(野村)を楽にさせられたので良かった」。攻撃陣は五回まで松葉の前に1安打無得点。今季本拠地初登板で快投する野村に応えたかった。

 「1打席目に考えて、2打席目もタイミングの取り方を変えてもダメで、吹っ切れた感じで行った。どこかでこうやっていろいろ考えて打席に立つことで、吹っ切れる時が来る。それが今日の本塁打だったのかなと」

 これまでのノーステップに加え、前々カードの阪神戦では両足をそろえてから始動するフォームで本塁打を放ったことがあった。変化を恐れず、多角的な方向から向上を目指す姿が頼もしい。

 チームの巻き返しへのカギを「まとまりだと思う」と言った。「本気で一つの所にみんなが向かわないと勝てない。戦う姿勢を見せないと勝てない。今はちょっとずつ変わってきているので、このまま行ければと思う」。チームの中心にいる4番の熱い言葉だった。

野球スコア速報

関連ニュース

    デイリーペディア

      編集者のオススメ記事

      広島カープ最新ニュース

      もっとみる

      スコア速報

      主要ニュース

      ランキング(野球)

      話題の写真ランキング

      写真

      デイリーおすすめアイテム

      リアルタイムランキング

      注目トピックス