文字サイズ

広島・ピレラが初球先頭弾 勝野の149キロを左中間席へ

1回、先頭打者本塁打を放ち笑顔でナインに迎えられる広島・ピレラ(撮影・金田祐二)
3枚

 「中日-広島」(11日、ナゴヤドーム)

 広島のホセ・ピレラ内野手(30)が初回、中日先発の勝野から来日初となる先頭打者本塁打を放ち、先制点を挙げた。

 試合開始直後の初球。真ん中149キロ直球を強振して左中間席に運んだ。「初球から積極的にいきました。いい結果につながって良かったです。チームに勢いをつけられるように次も頑張ります」とコメントした。

 先頭打者本塁打は、チームでは2019年7月31日・巨人戦の西川以来。球団外国人選手では14年9月2日・巨人戦のロサリオ以来、6年ぶり。

野球スコア速報

関連ニュース

    デイリーペディア

      編集者のオススメ記事

      広島カープ最新ニュース

      もっとみる

      スコア速報

      主要ニュース

      ランキング(野球)

      話題の写真ランキング

      写真

      デイリーおすすめアイテム

      リアルタイムランキング

      注目トピックス