文字サイズ

広島・遠藤が猛省 ボーアに満塁被弾「まだまだ気持ちが甘い」

3回、広島・遠藤は逆転を許しベンチに戻る(撮影・山口登)
3枚

 「阪神8-3広島」(5日、マツダスタジアム)

 広島の遠藤淳志投手が5回6安打8失点で今季初黒星を喫した。ボーア、大山、サンズに本塁打を浴びた。

 1点を失い迎えた三回2死満塁では、ボーアに甘くなったチェンジアップを右翼席へ運ばれた。右翼手・鈴木誠が一歩も動かずに打球を目で追うだけの当たりだった。「ボーアの一発で試合の流れを変えてしまった」と猛省した。

 3本塁打はいずれも変化球だった。佐々岡監督は試合後、「打たれたのは変化球。そのへんはバッテリー間のことだけど。真っ直ぐを、自信を持って投げても良かった」と振り返った。

 8失点で今季初黒星。右腕が課題に挙げたのは精神面だった。「まだまだ気持ちが甘い。打者に向かっていく姿勢とか、変わらないといけない。未熟で課題は山積み。次に、変われた姿を見せる事が大事」と力を込めた。

関連ニュース

    デイリーペディア

      編集者のオススメ記事

      広島カープ最新ニュース

      もっとみる

      スコア速報

      主要ニュース

      ランキング(野球)

      話題の写真ランキング

      写真

      デイリーおすすめアイテム

      リアルタイムランキング

      注目トピックス