文字サイズ

広島が4連敗、2カード連続負け越し 遠藤炎上、鈴木誠也リーグトップの6号も空砲

3回、広島・遠藤は阪神・ボーアに満塁本塁打を許す(撮影・山口登)
3枚

 「広島3-8阪神」(5日、マツダスタジアム)

 広島が今季初の4連敗。2カード連続負け越しとなった。

 先発の遠藤が大誤算。3被弾、7四死球と制球も乱し5回6安打8失点でKOされた。

 1点リードで迎えた三回、2死満塁から4番・大山への押し出し死球で同点。続くボーアを2球で追い込みながら、3球目のチェンジアップが真ん中に甘く入り、満塁本塁打。一挙5点を失い逆転された。

 五回には大山に2ラン、サンズにもソロを浴びた。

 打線は苦手としている西勇を攻略しきれなかった。昨季までの対広島戦で6勝1敗を挙げている相性の悪い相手に対して、先制した二回は鈴木誠の右中間二塁打と松山の安打で無死一、三塁としながら、坂倉の二ゴロの間に得た1点のみ。四回は鈴木誠のリーグ単独トップとなる6号ソロ、六回は松山の適時二塁打で1点ずつ返したが、要所を上手く締められた。

野球スコア速報

関連ニュース

    デイリーペディア

      編集者のオススメ記事

      広島カープ最新ニュース

      もっとみる

      スコア速報

      主要ニュース

      ランキング(野球)

      話題の写真ランキング

      写真

      デイリーおすすめアイテム

      リアルタイムランキング

      注目トピックス