文字サイズ

広島・遠藤、大炎上5回KO 3発被弾7四死球6安打8失点

力投する先発の広島・遠藤(撮影・立川洋一郎)
3枚

 「広島-阪神」(5日、マツダスタジアム)

 先発した広島の遠藤淳志投手(21)が5回6安打8失点でKO。計3本の本塁打を浴び、無念の降板となった。

 初回、二回ともに四球を出しながらも無失点に抑えたが、三回に捕まった。

 先頭、木浪の遊安打と西勇への四球で無死一、二塁のピンチを背負った。近本を一ゴロ、続く上本を三振に打ち取り、2死までこぎつけたが、糸井を四球で歩かせ満塁にすると4番・大山に押し出しの死球を与え、1-1に追いつかれた。

 続くボーアを2球で追い込んだものの、3球目のチェンジアップが真ん中に甘く入り、右翼席に満塁本塁打を浴びた。この回だけで計5失点した。

 五回にも1死一塁から大山にカーブを左翼席へ運ばれ2ラン。サンズにもソロ本塁打をくらった。

 ボール先行の投球が続き、四死球は合わせて7つ。球数は108球とかさんだ。スライダーが早く落ちてワンバウンドのボール球になる場面が多く見られるなど終始、変化球の制球に苦しみ、甘い球を痛打された。

 昨季は主に中継ぎとして34試合に登板。今季は先発に転向し、目標であった開幕ローテの座をつかんだ遠藤だが、厳しい結果となった。

野球スコア速報

関連ニュース

    デイリーペディア

      編集者のオススメ記事

      広島カープ最新ニュース

      もっとみる

      スコア速報

      主要ニュース

      ランキング(野球)

      話題の写真ランキング

      写真

      デイリーおすすめアイテム

      リアルタイムランキング

      注目トピックス