文字サイズ

広島が先制 鈴木誠也の二塁打から好機つかむ

2回、二塁打を放つ広島・鈴木誠(撮影・立川洋一郎)
3枚

 「広島-阪神」(5日、マツダスタジアム)

 広島が「6番・捕手」でスタメンマスクをかぶった坂倉将吾捕手の二ゴロの間に先制点を挙げた。

 二回、阪神先発の西勇から鈴木誠の右中間二塁打と松山の二塁手と右翼の間にフラフラと落ちるポテンヒットで無死一、三塁にチャンスを広げると坂倉の二ゴロの間に三塁走者の鈴木誠がホームに生還した。

 試合は2回を終えて1-0で広島がリードしている。

関連ニュース

    編集者のオススメ記事

    広島カープ最新ニュース

    もっとみる

    スコア速報

    主要ニュース

    ランキング(野球)

    話題の写真ランキング

    写真

    デイリーおすすめアイテム

    リアルタイムランキング

    注目トピックス