文字サイズ

広島・長野が先制2点二塁打 3番センターで今季初スタメン

 「ヤクルト-広島」(2日、神宮球場)

 今季初スタメンで3番に入った長野が、先制二塁打を放った。

 三回、広島打線が先発のイノーアを攻略。先頭のピレラが中前打で出塁し、この日、菊池涼に代わって2番に座った安部が一、二塁間を鋭く抜ける右前二塁打で無死二、三塁とチャンスを拡大。

 絶好機に打席に迎えた長野は、146キロツーシームを強振。大きく跳ねた打球は、三塁手の頭を越えて左翼線を転々とする2点二塁打となった。前日1日に八回の守備から途中交代し、この日の試合前練習でも別メニュー調整となった西川に代わってのスタメンだった。

 さらに4番・鈴木誠が右翼フェンス直撃の適時二塁打、会沢も中前適時打を放ち、4点をリードした。

野球スコア速報

関連ニュース

    デイリーペディア

      編集者のオススメ記事

      広島カープ最新ニュース

      もっとみる

      スコア速報

      主要ニュース

      ランキング(野球)

      話題の写真ランキング

      写真

      デイリーおすすめアイテム

      リアルタイムランキング

      注目トピックス