文字サイズ

カープ助っ人初!ピレラ開幕1番GO打 昨季の懸案解消に勇気もたらす

 「練習試合、ソフトバンク9-3広島」(14日、ペイペイドーム)

 広島のホセ・ピレラ外野手(30)が、開幕戦で1番を任されることが濃厚になった。「1番・左翼」で先発出場したこの日は3打数2安打1打点。7試合連続安打と好調を維持し、本番に向けて弾みをつけた。開幕戦で外国人選手がスタメン1番に入れば球団史上初。新たなリードオフマンが赤ヘル打線をけん引していく。

 異国の地からやってきた男が、新たな切り込み隊長になりそうだ。攻撃的な打撃スタイルに積極果敢な走塁。躍動感たっぷりにグラウンドを駆け回るピレラが、外国人としては球団史上初となる開幕1番を務めることが濃厚となった。

 4試合続けて1番で先発出場し、初回は敵失で出塁。二回は1死一、二塁で二保の4球目を引っ張ると、左前へ反撃の口火を切る適時打をマークした。「打てる球だけを振ろうと考えていた」と好結果を振り返った。

 四回は2死無走者で1ボールから、甘く入った変化球を鋭く引っ張り込んだ。「アグレッシブになり過ぎないように気持ちをコントロールした」。打球は三塁線を襲い、左翼・バレンティンが処理に手間取る隙に二塁へ到達。積極性を持ちながら決して打ち気にはやることなく、打席で冷静さを忘れない。その姿勢が頼もしく映る。

 6日のオリックス戦(京セラ)以降、7試合中6試合で1番に座った。朝山打撃コーチは「状況を見ながらだけど。監督、ヘッド(コーチ)と話してからになるけど、こういう形になると思う」と話し、開幕戦でピレラを1番に据えることを示唆した。

 1番打者を固定できず苦しんだ昨季。朝山コーチは昨年末、理想の1番打者像について「一番初めに打席に入る。みんなが見ているし、勇気をもたらしてくれる打者を置きたい」と話していた。

 この日、ピレラは3打席に立って相手先発・二保に投げさせたのは計7球。慎重に球を見極めるより、積極的に仕掛けるスタイルがチームに勢いを与えていきそうだ。ピレラは「毎回塁に出ることを心掛けたい。数字上は不可能だけど、塁に出たらホームを踏んでチームに得点をもたらしたい」と意気込む。

 充実の練習試合を「シーズンまでにいろんな投手と対戦できて良かった。いいことが起きると思って前向きにやってきた」と振り返る。「引き続き、いろんな投球スタイルを勉強したい」。6・19、横浜スタジアム。どこまでも殊勝なピレラが、覇権奪回への道を先頭に立って切り開く。

野球スコア速報

関連ニュース

    デイリーペディア

      編集者のオススメ記事

      広島カープ最新ニュース

      もっとみる

      スコア速報

      主要ニュース

      ランキング(野球)

      話題の写真ランキング

      写真

      デイリーおすすめアイテム

      リアルタイムランキング

      注目トピックス