文字サイズ

広島ドラ1森下、自己ワースト9失点 開幕3戦目先発濃厚も2戦連続大量失点

 「練習試合、ソフトバンク-広島」(14日、ペイペイドーム)

 広島のドラフト1位・森下暢仁投手(明大)が4回を投げ自己ワーストの9失点(自責点7)でマウンドを降りた。球数は109球だった。

 初回無死満塁で上林に二塁強襲の2点適時二塁打を浴びるなど4失点。二、三回を無失点で切り抜け、立ち直ったかに思えた四回に再び捕まった。先頭・明石への四球がきっかけとなり、味方のミスも重なって5点を奪われた。

 前回登板となった7日のオリックス戦は4回2/39安打6失点(自責点4)。イニングの途中で降板し悔しさを味わっていた。

 森下は開幕カード3戦目となる21日のDeNA戦(横浜スタジアム)でのプロ初先発が濃厚だ。

関連ニュース

    編集者のオススメ記事

    広島カープ最新ニュース

    もっとみる

    スコア速報

    主要ニュース

    ランキング(野球)

    話題の写真ランキング

    写真

    デイリーおすすめアイテム

    リアルタイムランキング

    注目トピックス