文字サイズ

広島ドラ1・森下 悔し~開幕前に試練6失点 被安打9「こんな投球では駄目」

 「練習試合、オリックス6-3広島」(7日、京セラドーム大阪)

 広島ドラフト1位の森下暢仁投手(22)=明大=がオリックスとの練習試合(京セラ)に先発し、4回2/3を9安打、6失点(自責点4)。イニング途中での降板に悔しさを募らせた。開幕までの登板はあと1試合を残すのみ。課題は初球の入り方。次回登板を見据え、修正に努める。

 途中交代。肩を落としてベンチへ下がった森下の表情はさえなかった。「大事なところで甘く入ったり、高く浮いたりした。こんな投球では駄目」と悔しさをにじませた。

 初回、先頭の大城に左中間への二塁打を浴びると、1死三塁から吉田正の遊ゴロを田中広が後逸して先制点を許した。続く1死一塁でロドリゲスに初球の高めに浮いたカットボールを左中間スタンドに運ばれ、いきなり3点を失った。

 四回には小田に適時打を浴び、追加点を献上。五回、連打と四球などで迎えた1死満塁から安達を見逃し三振に仕留めたところで交代。102球となった球数を考慮されての降板指令だったが、満塁のピンチを残してマウンドを去ったことへの後悔が募った。

 最速は150キロを計測したが、変化球が甘くなって9安打、6失点(自責点4)。それでも佐々岡監督は「点は取られたけれど、打たれたのは変化球。それも高めの球。早いカウントというのもあったので、これは反省してもらいながら」と次戦に期待した。

 五回途中で102球。「球数が多かった。こんな投球では体力を消耗する。一球一球、考えていけばいい」と森下は反省した。また「先頭を出してからの投球。初球の入りだったり、ストライクを簡単に取りにいった。その課題をつぶしたい」と、今後は打者への入り方に工夫を凝らしていく考えを示した。

 それでも吉田正に対しては、二回にバットをへし折って一ゴロに抑えるなど3打数無安打に封じた。「インコースは大事な球。そこに投げられるように意識してやりたい」と言葉を紡いだ。

 対外試合登板は3月22日の練習試合・中日戦以来で、ブランクがあったのも事実。次戦登板は14日の練習試合・ソフトバンク戦が濃厚。3月15日のオープン戦で4回5失点を喫したリベンジに燃えている。「開幕するまでにこういう経験ができて良かった」と前を向いた背番号18。開幕前に訪れた試練を糧に、本番に向けて歩みを進めていく。

野球スコア速報

関連ニュース

    編集者のオススメ記事

    広島カープ最新ニュース

    もっとみる

    スコア速報

    主要ニュース

    ランキング(野球)

    話題の写真ランキング

    写真

    デイリーおすすめアイテム

    リアルタイムランキング

    注目トピックス