文字サイズ

広島ドラ1・森下 主力相手に3回無失点 開幕ローテへ紅白戦で好投

 紅組で先発し3回無失点の森下
2枚

 「広島紅白戦、白組7-2紅組」(30日、マツダスタジアム)

 広島のドラフト1位・森下暢仁投手(22)=明大=が紅組の先発を務めて3回1安打1四球無失点と好内容で順調な調整ぶりをアピールした。

 直球は最速150キロを計測。初回は田中広を遊ゴロに打ち取り、菊池涼は一ゴロ。長野は遊ゴロに仕留めて三者凡退の立ち上がりを見せた。二回は鈴木誠を右飛、5番起用が続く西川は左飛で、安部には粘られたが最後は低めのチェンジアップでバットの空を切らせた。

 三回は先頭のメヒアに四球を与え、坂倉には左前打を浴びた。それでも1死一、二塁で石原慶を一ゴロ併殺打に仕留めてピンチをしのいだ森下は「最初は良かったけど、三回はバラツキが出てきたので、そこはなくなるように」と修正に意欲を示した。それでも十分に胸を張れる堂々とした投球。開幕ローテの1人として、着々と準備を進めていく。

関連ニュース

    デイリーペディア

      編集者のオススメ記事

      広島カープ最新ニュース

      もっとみる

      スコア速報

      主要ニュース

      ランキング(野球)

      話題の写真ランキング

      写真

      デイリーおすすめアイテム

      リアルタイムランキング

      注目トピックス