文字サイズ

広島ドラ1・森下、MAX150キロで3回無失点 紅白戦で存在感

 「広島紅白戦、白組7-2紅組」(30日、マツダスタジアム)

 広島のドラフト1位・森下暢仁投手(明大)が紅組の先発を務め3回1安打1四球無失点で終えた。直球は最速150キロを計測した。

 主力組と対戦。初回は田中広を遊ゴロに打ち取り、菊池涼は一ゴロ。長野は遊ゴロに仕留めた。

 二回は鈴木誠を138キロの球で右飛に。5番起用が続く西川は左飛で、安部は空振り三振だ。

 三回は先頭のメヒアに四球を与え、坂倉には左前打を浴びた。それでも1死一、二塁で石原慶を一ゴロ併殺打に仕留めてピンチをしのいだ。

 堂々とした投球。開幕ローテの1人としての存在感を示した。

関連ニュース

    デイリーペディア

      編集者のオススメ記事

      広島カープ最新ニュース

      もっとみる

      スコア速報

      主要ニュース

      ランキング(野球)

      話題の写真ランキング

      写真

      デイリーおすすめアイテム

      リアルタイムランキング

      注目トピックス