文字サイズ

広島ドラ1森下が誠也斬り「真っすぐでファウル、良かった」打撃練習に登板

 実戦形式のマウンドに立ち、打者と対戦する森下(撮影・立川洋一郎)
3枚

 広島のドラフト1位・森下暢仁投手(22)=明大=が23日、マツダスタジアムで行われた実戦形式の打撃練習に登板した。

 打者12人に対し、計42球を投げ、安打性の打球が4本で3奪三振という内容。カーブなどの変化球を織り交ぜながら最速は149キロを記録した。

 打者を相手に本拠地で投げるのは3月22日の練習試合・中日戦以来となったが、「いい感じで自分の球を投げられた」と納得の様子を浮かべた。

 森下の登板前に床田から左翼本塁打を放った鈴木誠と対戦。直球を投げ、一飛に抑えた。「真っすぐでファウルを打たせたのは良かったと思う。しっかりした球を投げられて良かった」と手応えをつかんだ。

 最短で6月19日の開幕日に向けて「しっかりと準備していきたい」と口元を引き締めた。

関連ニュース

    デイリーペディア

      編集者のオススメ記事

      広島カープ最新ニュース

      もっとみる

      スコア速報

      主要ニュース

      ランキング(野球)

      話題の写真ランキング

      写真

      デイリーおすすめアイテム

      リアルタイムランキング

      注目トピックス