文字サイズ

広島「マツダスタジアムを見に行こう」企画 県内在住者1日最大500人招待

 広島は19日、「マツダスタジアムを見に行こう!」と題し、球場コンコースと一部観客席で練習見学ができる企画を発表した。まずは21、22、23日の3日間で、1日当たり最大125組500人を招待する。新型コロナウイルス感染拡大防止のため、参加者は広島県内在住者に限る。球団と地元紙の共催で広島市とも連携し、指導を受けながら実現した。

 広島ナインは最短6月19日開幕を見据え、練習を続ける。21日からは、より実戦に近い練習が行われる予定だ。真剣に白球を追う選手を、鯉党がその目で見られる企画が発表された。「マツダスタジアムを見に行こう!」。松田一宏オーナー代行は「自粛疲れがある中で、市民の方に何か気分転換になるものはないかと考えていた」と説明した。

 球団はJリーグと設立した「新型コロナウイルス対策連絡会議」専門家チームの地域アドバイザーや広島市と検討を重ねてきた。広島県を含む39県に発令されていた緊急事態宣言は14日に解除。15日には県が定める「感染状況レベル」が「2」に引き下げられた。

 県による休業要請の緩和で、市は動物園や植物公園、運動公園や広場など市管理施設を再開している。18日には安佐動物園が再開園した。マツダスタジアムは動物園と同じ枠組みのため、練習見学が可能になった。

 細心の注意を払いながら感染防止対策を徹底する。入場者は県内在住者に限定。マスク着用を求め、入り口前ではサーモグラフィーによる検温を実施する。手と指先のアルコール消毒も忘れない。

 「20席を(間隔を空けて)4人で使ってもらいたい」とオーナー代行。スタンドではソーシャルディスタンスを保つため、隣り合わせで座らないよう多くの座席を用意。通路にはフェースシールドを着用した巡回スタッフが立ち、手すりなどを消毒していく。

 チームは21日から練習の段階を1段上げる。投手がフリー打撃に登板し、チームプレーやサインプレーの確認などをする予定だ。

 佐々岡監督は「野球が見たいと思われている方がいる。少しでも元気や勇気を与えられたら。それがわれわれの仕事でもある。選手も(見られることで)気持ちが違うだろうしね」と力を込めた。

 3日間の状況を見極めながら、段階的に人数を増やしていくプランもある。「元気になるきっかけになれば」と松田オーナー代行。広島の街と共に歩んできたカープが希望の星となる。

 【マツダスタジアムを見に行こう!】

 ◆実施日 5月21、22、23日

 ◆申込期限 21日分は終了。22、23日分は20日午後3時まで

 ◆組数 各日125組(1組最大4人)

 ◆持参物 マスク(必須)、代表者は本人確認ができる物

 ◆注意事項 入場時に検温し、37.5度以上の方は入場不可。グループ内に1人でもいた場合は、全員が入場不可

 ◆問い合わせ先 中国新聞企画サービスTEL082・236・2244

関連ニュース

    デイリーペディア

      編集者のオススメ記事

      広島カープ最新ニュース

      もっとみる

      スコア速報

      主要ニュース

      ランキング(野球)

      話題の写真ランキング

      写真

      デイリーおすすめアイテム

      リアルタイムランキング

      注目トピックス