文字サイズ

広島・床田 実戦勘を維持 マツダマウンドで37球「自分が投げる日は極力入りたい」

 広島の床田寛樹投手(25)が29日、マツダスタジアムで行われた分離練習に参加し、今後は実戦勘の維持に努めていくことを誓った。1勤1休体制となってから初めて、マウンドで37球を投げた左腕は、限られた環境下でも工夫を凝らしながら調整を続けていく。

 ポカポカ陽気の中、テンポよく腕を振った。ノックやランニングなどを終えた床田は、3月21日の練習試合(中日戦)以来となるマツダスタジアムのマウンドで計37球を投じた。「(本拠地は)一回しか投げていないので、もう一回投げておこうと。気分転換です」と表情を緩めた。

 投球練習では直球を主体としながらも、カーブの割合が多かった。「一番自分の中でバランスよく投げられている。カウントを取れればいいかなとは思う」と及第点を与える一方で、「結構(室内の)ブルペンと違って、遠く見えたりする。しっくりこなかった」と本拠地のマウンドで新たな課題も見つけた。

 開幕日が定まらず、調整は困難を極めている現状。それでも遠投を多く取り入れたり、体のキレを出すためにロングティーを行うなど、さまざまな工夫を凝らしている。

 1勤1休体制により投球練習の量も限られるが、「また、(屋外で)投げようと思います」と明かした左腕。「一回投げないと間隔が空いてしまうので。自分が投げる日は極力入りたい」と実戦勘を維持するため、今後は投球練習の頻度を増やす可能性を示唆した。

 先行きが不透明の中でも、飛躍を目指す左腕はギアを落とさずに歩みを進めていく。

関連ニュース

    編集者のオススメ記事

    広島カープ最新ニュース

    もっとみる

    スコア速報

    主要ニュース

    ランキング(野球)

    話題の写真ランキング

    写真

    デイリーおすすめアイテム

    リアルタイムランキング

    注目トピックス