文字サイズ

広島・野間、「ゆとり」をテーマに打撃練習「自分のポイントで」

フリー打撃で打ち込む野間(撮影・立川洋一郎)
2枚

 広島の野間峻祥外野手(27)が27日、打撃面で「ゆとり」をテーマに掲げた。「呼び込むのもそうですし、自分のポイントでコースなりに打てるのが理想なので。あんまりガチャガチャしていても(良くない)。ゆったりした中で、しっかり捉えていけるように」と求める打撃を語った。

 この日はマツダスタジアムで練習に参加。フリー打撃では、ボールを呼び込んで左中間方向に鋭い打球を放つ場面が目立った。「しっかり体重移動した中で前に入っていって、頭だけ突っ込まないように」とバランス良くスイングすることを心掛けている。

 1勤1休の練習となり、空いた時間には色んな選手の打撃映像を見ながら日々、それを試しているという。「惰性で振るのではなく、中身の濃いモノにできるように」と内容ある練習を重ねていく。

関連ニュース

    編集者のオススメ記事

    広島カープ最新ニュース

    もっとみる

    スコア速報

    主要ニュース

    ランキング(野球)

    話題の写真ランキング

    写真

    デイリーおすすめアイテム

    リアルタイムランキング

    注目トピックス