文字サイズ

広島・高橋大 打率UPへセンター返し コースに逆らわない!広角打法習得で1軍定着

 広島の高橋大樹外野手(25)が、打率アップを目指して打撃改造に取り組んでいる。15日の時間差分離練習では、中堅方向に重点を置いて打球をはじき返した。1軍定着へ、広角に打つ技術を身に付ける。

 「引っ張りにいけば外角球が消えてしまう。トップを深くして、センターを意識してやっている」。2本の本塁打を含め、オープン戦で放った5安打中、4本が左方向だった。現在はフリー打撃でも引っ張る打球は少ない。コースに逆らわないスイングを心掛けている。

 初の開幕1軍をほぼ手中にしている。ただ、シーズンが幕を開けると、結果を残し続けなければいけない。まずは代打での出番が濃厚。現実的には、打率を残すことが1軍に帯同し続ける近道だ。

 新たな開幕日が決まり、練習試合が組まれたとしても、どれだけの打席数があるかは不透明。立場を考えれば「もらえる打席は少ないと思う」と話す。だからこそフリー打撃では実戦を想定し、1球も無駄にしない意識でバットを振っている。

 「1、2球目からしっかりと振って捉えられるようにしたい」。積極的なスイングが持ち味でもある。開幕白紙でできた時間で、さらなるレベルアップを目指す。

関連ニュース

    編集者のオススメ記事

    広島カープ最新ニュース

    もっとみる

    主要ニュース

    ランキング(野球)

    話題の写真ランキング

    写真

    デイリーおすすめアイテム

    リアルタイムランキング

    注目トピックス