文字サイズ

広島・坂倉が二塁送球特訓「あの距離を投げる事が大事」今季は捕手一本で勝負

 スローイング練習で声を張り上げる広島・坂倉将悟=マツダスタジアム
2枚

 広島の坂倉将吾捕手(21)が15日、マツダスタジアムで行われた全体練習に参加し、自ら志願したスローイング練習に励んだ。

 投手が投げた球を捕球して二塁に送球する練習を計16回行った。

 坂倉は、「なるべく同じ動きができるように。防具をつけてないので、なんともいえないが、あの距離を投げるということが大事」と話した。見守った高ヘッドコーチは「本人がやりたいと言っていた。いい送球をしていたと思う」と太鼓判を押した。

 昨季は51試合に出場も主な起用は代打と外野。スタメン出場4試合は全て外野で、捕手としての試合出場はわずか3試合にとどまった。しかし、今季は捕手一本で勝負していくことを宣言。正捕手・会沢に次ぐ2番手の立場を確立し、チームの司令塔となるために日々鍛錬を積んでいる。

関連ニュース

    編集者のオススメ記事

    広島カープ最新ニュース

    もっとみる

    スコア速報

    主要ニュース

    ランキング(野球)

    話題の写真ランキング

    写真

    デイリーおすすめアイテム

    リアルタイムランキング

    注目トピックス