文字サイズ

広島ドラ5石原貴“捕らない捕球”持ち味スローイングに磨き

 広島のドラフト5位・石原貴規捕手(22)=天理大=が13日、自身の持ち味であるスローイングに、さらなる磨きをかけていくことを誓った。

 廿日市市の大野練習場で打撃練習などを行ったルーキーの持ち味は安定したスローイング。現在、送球時の足のステップとともに注力しているのが、捕球後の握りかえ。石原貴は「なるべく体の近くで捕るのと、握りかえの時に“ミットに手を入れない”」と独自の感覚を説明した。

 ミットの芯で捕球してから送球動作に移ると、タイムロスが生じる。「はじく、じゃないですけど『捕る』ではなく『当たって流す』みたいな。ミットからボールを飛ばすイメージ」。ボールの衝撃を受け止め、そのままの勢いで送球動作に入るという一連動作の精度向上に努めている。

 春季キャンプ中、阪神との練習試合で昨季の盗塁王・近本をストライク送球で刺した場面もあった。城島や古田といった歴代のリーグを代表する名捕手の動画にも目を凝らしている。“捕らない捕球”を磨き、1軍舞台を目指していく。

関連ニュース

    編集者のオススメ記事

    広島カープ最新ニュース

    もっとみる

    スコア速報

    主要ニュース

    ランキング(野球)

    話題の写真ランキング

    写真

    デイリーおすすめアイテム

    リアルタイムランキング

    注目トピックス