文字サイズ

広島・中崎、時差練習中もコンディション維持に意欲「感覚悪くならないように」

 広島の中崎翔太投手(27)が13日、時差分離練習中もコンディションを維持していくことに意欲を示した。

 2軍はこの日、廿日市市の大野練習場で3班に分かれて練習。最後の3班目で体を動かした右腕は「ブルペンで投げ込みをして、感覚が悪くならないように」と時間を見つけて腕を振っていくことに力を込めた。

 打者に対して投球できる機会がない点は調整を続ける上での難点でもあるが、限られた環境下でベストを尽くしていく構え。「走る量も減らしたくない」と、ランニングも継続して行っていく姿勢を示した。

関連ニュース

    編集者のオススメ記事

    広島カープ最新ニュース

    もっとみる

    主要ニュース

    ランキング(野球)

    話題の写真ランキング

    写真

    デイリーおすすめアイテム

    リアルタイムランキング

    注目トピックス