文字サイズ

広島 ドラ2宇草が早出練習「一日一生」の精神でレギュラー争いへ

 「広島春季キャンプ」(18日、沖縄)

 ドラフト2位・宇草孔基外野手(22)=法大=が、課題のスローイング矯正に取り組んだ。

 全体練習前、室内での早出練習で広瀬外野守備走塁コーチとともに、スローイングや一歩目の切り方を指導され、体の動きを確認した。バドミントンのラケットを手に持ち、同コーチが打つシャトルを打ち返す動作も繰り返した。宇草は「技術的なアドバイスも、考え方のアドバイスも受けました」と振り返った。

 打撃面で存在感を示し、俊足も武器のルーキー。し烈な外野のレギュラー争いに加わるには、守備面の課題克服が重要となる。「一日一生じゃないですけど、そういうつもりでやっています」と必死な思いで己を高めていく。

関連ニュース

    デイリーペディア

      編集者のオススメ記事

      広島カープ最新ニュース

      もっとみる

      主要ニュース

      ランキング(野球)

      話題の写真ランキング

      写真

      デイリーおすすめアイテム

      リアルタイムランキング

      注目トピックス