文字サイズ

広島の左腕サバイバル激化!塹江&高橋樹ともに譲らず2回0封

 「練習試合、広島5-4ロッテ」(14日、コザしんきんスタジアム)

 1軍生き残りを懸けたサバイバルで、2人の若鯉が躍動した。広島の塹江と高橋樹がともに2回を無失点。全ての実戦登板で結果が求められる立場の両左腕が、堂々の投球を見せ、首脳陣へアピールした。

 塹江は2番手で四回から登板し、2死から岡に安打を許したが、藤原を二ゴロに料理。五回は2者連続三振を含む三者凡退で、危なげなくスコアボードに「0」を刻んだ。「強い球を投げられていると感じながら、できることを増やしていけるように」とさらなるアピールに意気込む。

 塹江に負けじと、高橋樹も続いた。六回から2回を投げ1安打無失点。七回は1死から藤原をカーブで空振り三振に斬った。速球派ではないが「キレとコントロールで勝負していきたい」と自身の特長を生かすことに闘志を燃やす。

 好投の両左腕に佐々岡監督は「結果が欲しい中で、次につながる」と高評価を与えた。少ないチャンスを生かし、限られた枠をつかみにいく。

関連ニュース

    デイリーペディア

      編集者のオススメ記事

      広島カープ最新ニュース

      もっとみる

      主要ニュース

      ランキング(野球)

      話題の写真ランキング

      写真

      デイリーおすすめアイテム

      リアルタイムランキング

      注目トピックス