文字サイズ

野村氏急逝 広島佐々岡監督は「監督として野村さんのような野球ができたら」

 プロ野球の南海(現ソフトバンク)で捕手兼任監督を務め、ヤクルト、阪神、楽天でも指揮を執った野村克也さんが11日午前3時30分に虚血性心不全のため死去した。84歳だった。

 広島・佐々岡真司監督は「突然の訃報に驚きました。野村さんと最後にお会いしたのは、金田さんのお別れ会のときでした。野村さんが監督をされた90年代のヤクルトは、本当にいやらしい野球をされた印象を持っています。現役時代、投手としてヤクルトと対戦するのはとても嫌だった。私も監督として、野村さんのような野球ができたらと思います」と振り返った。

 そして、「僕がオールスターに出たとき、監督が野村さんだった。大魔神(横浜・佐々木)がいるのに、僕を九回で使ってくれたことが思い出に残っています。心よりご冥福をお祈りします」と思い出に残るエピソードを語り、哀悼の意を示した。

 菊池保投手は楽天に入団したときの監督が野村氏だった。「プロの世界に入れるとは思っていなかったので、テレビで見た人だった。キャンプでのミーティングで、いつも話を聞いていました。打者の特徴をタイプ分けすることが印象に残っています」と話した。

関連ニュース

    デイリーペディア

      編集者のオススメ記事

      広島カープ最新ニュース

      もっとみる

      主要ニュース

      ランキング(野球)

      話題の写真ランキング

      写真

      デイリーおすすめアイテム

      リアルタイムランキング

      注目トピックス