文字サイズ

カープOB会長・安仁屋氏「ピッチャーは20勝得する」 菊池涼残留に

 ポスティングシステムを利用して米大リーグ移籍を目指していたプロ野球広島の菊池涼介内野手(29)が27日、広島に残留することを表明した。広島カープOB会長でデイリースポーツ評論家の安仁屋宗八氏は、投手目線で「ピッチャーは20勝得する」と残留を喜んだ。

 飛び抜けた身体能力と打者に合わせた天性の位置どりで、右に左に好守を連発してきた菊池涼が残留を表明した。2013年から7年連続ゴールデン・グラブ賞を獲得し、16年から3連覇に大きく貢献した。安仁屋氏は「トークショーなどでいつも言っているんよ。菊池(涼)の守備でピッチャーは1年を通じて20勝は得しているとね」と、最大の賛辞を送った。

 投手陣を勇気づける守り。「打つ打たんは別にして、いるといないでは大違い。わしは最高にうれしい」と残留を喜んだ。ただ、ポスティングシステムの利用を球団に直訴してまでメジャー移籍を夢見た菊池涼の心情を思いやり「本人は悔しいところもあるだろうが、それをバネに頑張ってほしい」と、エールを送った。

関連ニュース

    デイリーペディア

      編集者のオススメ記事

      広島カープ最新ニュース

      もっとみる

      スコア速報

      主要ニュース

      ランキング(野球)

      話題の写真ランキング

      写真

      デイリーおすすめアイテム

      リアルタイムランキング

      注目トピックス