文字サイズ

今村、目標は大野超え 球団最多707試合登板!微減提示に感謝、男気見せる

 広島の今村猛投手(28)が5日、マツダスタジアムで契約交渉に臨み、700万減の年俸8000万円でサインした。プロ10年目の今季は27試合登板で3勝1敗1セーブ4ホールド、防御率3・55。鯉の鉄腕は微減提示に感謝し、残り75試合に迫る通算500試合登板、さらに大野豊氏が保持する球団最多記録の707試合登板の達成に意欲を示した。(金額は推定)         

 まさかの微減提示にクールな今村も驚きを隠さなかった。「20%ぐらい下がると思っていた」。本人の予想に反して、球団提示額は700万減の8000万円。2年連続ダウンも一発サインで気持ちはリセットした。球団の査定に感謝しつつ、来季の復活を誓った。

 「思ったより下がらなかったので身が引き締まる思い。うまくいけば来年、再来年には(通算)500試合に行けると思うので、そこを目標に考えたい」

 大台到達へ、球団は全面的にバックアップする構えだ。鈴木球団本部長は今回の査定について「中継ぎの人はどこかで疲労が来る。投手の査定通り」と説明した。最近2年間の低迷は“勤続疲労”と理解し、来季の復活は十分に可能と判断。順調にいけば来季中に国内FA権を取得する右腕へ、大きな期待を込めて“大野豊を超えろ!”とゲキを飛ばした。

 「記録を作れと言った。(通算最多登板)球団記録は大野の707試合。1年間で70、80試合投げる必要はない。60試合を5年で300試合。長くピッチングできるようにね」

 球団の期待に今村も奮い立った。大野豊氏が持つ球団最多登板の707試合まで282試合。今年プロ10年目を迎えたが、まだ28歳と若く、新記録達成も射程圏内だ。「大野豊さんがチームで一番投げている。また1つ目標ができました」。新たなモチベーションを得て力強く呼応した。

 今季は不完全燃焼の1年だった。1軍初登板が7月3日。「前半はスピードも出なくて変化球も悪かった」。後半戦はやや持ち直したが、27試合の登板に終わり、毎年の目標と語る72試合登板に遠く及ばなかった。

 来季はセットアッパー返り咲きを目指す。

 「やるからにはチームの勝敗を左右するポジションで投げたい」。通算114ホールドは球団記録。DJ・ジョンソン、スコットらライバルの加入も「楽しみではあります。それはそれで」と、受けて立つ覚悟だ。11年から3年連続50試合登板。14、15年は不調に陥ったが、16年は67試合に投げ復活を遂げた過去もある。鯉のレジェンド超えへ、背番号16が不屈の闘志で挑む。

関連ニュース

    デイリーペディア

      編集者のオススメ記事

      広島カープ最新ニュース

      もっとみる

      主要ニュース

      ランキング(野球)

      話題の写真ランキング

      写真

      デイリーおすすめアイテム

      リアルタイムランキング

      注目トピックス