文字サイズ

ドラ1森下に英才教育 来春1軍Cスタート確約 佐々岡監督「当然そう」

 広島・佐々岡真司監督(52)が18日、みやざきフェニックス・リーグ視察のため、日南入りした。指揮官は17日のドラフト会議で単独1位指名に成功した森下暢仁投手(22)=明大=の来春1軍キャンプスタートを確約。未来のエースに育てるため、英才教育を施していく。

 歓喜のドラフト会議から一夜明け、佐々岡監督はすがすがしい表情でチーム宿舎に現れた。東京から移動の疲れも見せず「(昨日は)よく寝たよ。おとといはホントに眠れなかったから」とにっこり。ソファに腰を下ろすと、森下の印象を改めて語った。

 「指はそんなに大きくはなかったね。ピッチャーらしい、野手のようなゴリゴリする感じでもなくてね。長い指をしていたよ」

 まずは投手の生命線のひとつでもある指にお墨付きを与えた指揮官は、今後の育成方針にも言及した。来春のキャンプについて「当然そうなるでしょう」と1軍スタートを確約。「ドラ1で即戦力として取っているわけですから。よほど自主トレでまだまだということがなければ。そんなことはないでしょう」と明言した。

 指名あいさつの席では明大・善波監督から「まだ体の線が細いし、伸びしろがある」と説明を受けた。「体力、スタミナ、今から厳しいプロの練習についていけるように」という恩師の言葉にうなずく森下の姿を見て「明治で4年間やってきた中で、そういう精神力は付いていると思う」と信頼を寄せた。

 佐々岡政権1期生。キャンプから英才教育を施す。すでに自らも現役時代につけた背番号18の継承プランを明かすなど、先発ローテとして期待している。キャンプには明大の先輩・野村をはじめ、エースの大瀬良、伸び盛りの床田ら主力がズラリ。例年、カープ投手陣の仕上がりは早いだけに、荒波の中で右腕の成長と台頭を待つ。

 新人王を目指す森下にとって、指揮官の存在が何よりの道しるべだ。同じドラフト1位で入団した佐々岡監督はプロ1年目から先発、抑えと大車輪の活躍。44試合の登板で13勝11敗17セーブ、防御率3・15の好成績を残した。新人王こそ中日・与田に譲ったが、セ・リーグ特別賞を受賞した。金の卵がその足跡をたどる。

 まずは年明けに元気な姿を見たい。「リーグ戦も2試合残っている。1月の自主トレ、2月のキャンプへ向けて、しっかり準備してくださいと伝えました」と指揮官。未来の鯉を担うエース候補に期待は膨らむばかりだ。

関連ニュース

    デイリーペディア

      編集者のオススメ記事

      広島カープ最新ニュース

      もっとみる

      主要ニュース

      ランキング(野球)

      話題の写真ランキング

      写真

      デイリーおすすめアイテム

      リアルタイムランキング

      注目トピックス