文字サイズ

佐々岡監督 大学ナンバー1右腕一本釣りに「ホントにホッとしてる」

明大・森下を一本釣りし、笑顔で会見場を引き揚げる広島・佐々岡真司監督=東京都港区のグランドプリンスホテル新高輪(撮影・出月俊成)
2枚

 「プロ野球ドラフト会議」(17日・グランドプリンスホテル新高輪)

 広島・佐々岡新監督が、大学ナンバーワン右腕の明大・森下暢仁投手(22)の一本釣りに成功した。

 事前に1位指名を公表していた広島。複数球団の競合も予想されたが、他球団は入札しなかった。

 佐々岡監督は「くじを覚悟していた中で、とれたことにホッとしている。ビデオを見た瞬間に決めて、オーナーにも話した」と改めて右腕への思い入れを吐露。

 「明治の先輩の野村もいる中で、競争してローテに入ってほしい」と即戦力としての期待を込めた。「欲しかったし、ホントにホッとしてます」と安堵の表情を見せていた。

関連ニュース

    デイリーペディア

      編集者のオススメ記事

      広島カープ最新ニュース

      もっとみる

      主要ニュース

      ランキング(野球)

      話題の写真ランキング

      写真

      デイリーおすすめアイテム

      リアルタイムランキング

      注目トピックス