文字サイズ

佐々岡新監督 始動初日に充実表情「投手と野手に一体感あった」

秋季練習初日を終え、取材に応じる広島・佐々岡真司監督=マツダスタジアム(撮影・飯室逸平)
3枚

 広島の秋季練習が9日、マツダスタジアムでスタート。佐々岡真司新監督は、充実した表情で初日を振り返った。

 新指揮官が練習前の円陣で「スタッフ、投手、野手などみんながレベルアップして、優勝を目指してみんなで戦っていきましょう」と声を掛けて練習が開始。その後は投手、野手が入り交じって4組に分かれノックを受け、午後からは野手は打撃練習、投手はランニングなどのコンディショニング強化に汗を流した。

 初日とあってグラウンドなどでの全体練習は約3時間だった。就任会見からチームの「一体感」を強調してきた佐々岡新監督は、投手と野手が一緒になって練習をしたことについて「みんなでアップをして、みんなでノックを受けようとコーチ陣が話をしてきた。良いことだと思ったし、チームが1つになるという表れ。投手と野手に一体感があって、明るく元気良くノックを受けられたと思う」と話した。

 「『監督』という響きにまだ慣れていない。どこに行って良いのか分からなかったよ」と苦笑い。それでも午後からは野手の打撃練習に目を配るなどチーム全体の把握に努めた。

 「ついつい投手のところに行っちゃうかもしれないけど…」と今後の心配を口にしながらも、チームについて「練習が始まって投手も野手も個々のレベルアップを目指して、リーグ優勝、日本一を目指して頑張っていきたい」と意気込んだ。

関連ニュース

    デイリーペディア

      編集者のオススメ記事

      広島カープ最新ニュース

      もっとみる

      主要ニュース

      ランキング(野球)

      話題の写真ランキング

      写真

      デイリーおすすめアイテム

      リアルタイムランキング

      注目トピックス