文字サイズ

広島が連敗を3で止める 九里7勝目、会沢が10号2ラン

ハイタッチで勝利を喜ぶ会沢(中央)ら広島ナイン(撮影・飯室逸平)
3枚

 「広島4-2DeNA」(31日、マツダスタジアム)

 広島が序盤から得点を重ね連敗を3で止めた。この日は敗れた巨人の優勝マジックは、DeNAが敗れたため1つ減り16になった。

 広島は三回に松山の右前適時打、会沢の左越え10号2ランで3点を先制。五回には安部が右翼線に適時二塁打でリードを広げた。先発の九里は6回1/3を6安打2失点で7勝目(7敗)を挙げた。

 DeNAは京山が五回途中4失点。打線は七回に筒香が左前2点適時打で反撃したが、及ばなかった。

関連ニュース

    編集者のオススメ記事

    広島カープ最新ニュース

    もっとみる

    主要ニュース

    ランキング(野球)

    話題の写真ランキング

    写真

    デイリーおすすめアイテム

    リアルタイムランキング

    注目トピックス