文字サイズ

悪夢の逆転サヨナラ負け 守護神・フランスアが逆転3ラン被弾

 9回、大山(右)にサヨナラ3ランを浴び、ガックリとベンチに戻るフランスア(撮影・高部洋祐)
3枚

 「阪神6-5広島」(10日、京セラドーム大阪)

 広島は守護神・フランスアの乱調で悪夢の逆転サヨナラ負け。首位・巨人との差が2・5ゲームに広がった。

 5-3で迎えた九回。この回、マウンドに上がったフランスアがマルテに中前打を許すと、ソラーテをフルカウントから歩かせた。無死一、二塁で、大山に1ボールからの2球目の外角ストレートを右翼席へ運ばれ、今季3度目のサヨナラ負けとなった。

 1-2と阪神に逆転を許した直後の三回。先頭・菊池涼が左前打で出塁すると、3番バティスタが左越えの適時二塁打を放ち同点。その後、無死一、三塁と好機を広げ、5番松山が左翼手・ソラーテのグラブをはじく左越えの2点二塁打を放った。さらに小園の遊ゴロの間に1点を追加。この回4得点のビッグイニングで再逆転した。

 先発の床田は2回4安打2失点でKOされたが、2番手の遠藤が3回1/3を3安打5三振1失点と好投。その後も中村恭、菊池保、中崎とつないでリードを保ったが、フランスアが誤算だった。首位・巨人、2位・DeNAがともに勝利する中で、痛恨の1敗となった。

野球スコア速報

関連ニュース

    デイリーペディア

      編集者のオススメ記事

      広島カープ最新ニュース

      もっとみる

      主要ニュース

      ランキング(野球)

      話題の写真ランキング

      写真

      デイリーおすすめアイテム

      リアルタイムランキング

      注目トピックス