文字サイズ

新たな天敵打てず完封負け 今季2戦2敗のDeNA・浜口に東出コーチも脱帽

 3回、ソトの2ランで先制を許し、ベンチで厳しい表情の緒方監督(中央左)ら(撮影・飯室逸平)
3枚

 「広島0-4DeNA」(7日、マツダスタジアム)

 広島は今季5度目の完封負けで、2位浮上を逃した。

 打線は先発・浜口の前に沈黙し、連続本塁打も16試合でストップ。東出打撃コーチは「あんなに低めに決まる浜口は初めて見た。チェンジアップの抜けも良かった。際どいところに投げられて出し入れされた」と脱帽。17、18年で計4勝1敗と好相性を誇ったが、今季は2戦2敗。勝負の夏場へ新たな天敵の出現だ。

 それでも高ヘッドコーチは「打てない時もある。全部の試合は取れない。守りのミスを踏まえて、明日カードを勝ち越したい」と気合を入れた。

関連ニュース

    編集者のオススメ記事

    広島カープ最新ニュース

    もっとみる

    スコア速報

    主要ニュース

    ランキング(野球)

    話題の写真ランキング

    写真

    デイリーおすすめアイテム

    リアルタイムランキング

    注目トピックス