文字サイズ

エース大瀬良が背信投球 自己ワースト4被弾で七回途中6失点降板

 7回、追加点を許し逸れたボールを追いかける大瀬良(撮影・飯室逸平)
2枚

 「交流戦、広島-ロッテ」(19日、マツダスタジアム)

 広島の先発・大瀬良大地投手が、自己ワースト4被弾。6回0/3を8安打6失点でKOされた。

 まさかの乱調だ。初回、中村奨の10号ソロで先制を許すと、三回は荻野に4号ソロ、五回は田村に2号ソロ、六回はレアードに20号ソロを浴びた。

 七回にも右翼鈴木の失策と田村の左前適時打で2点を失い、九州共立大の後輩・島内にリリーフをあおいだ。

 チームは試合前まで交流戦3勝8敗1分けで最下位。リーグでも前日、首位を陥落したばかり。大きな期待を背負ってマウンドに上がったが、応えることはできなかった。

野球スコア速報

関連ニュース

    デイリーペディア

      編集者のオススメ記事

      広島カープ最新ニュース

      もっとみる

      スコア速報

      主要ニュース

      ランキング(野球)

      話題の写真ランキング

      写真

      デイリーおすすめアイテム

      リアルタイムランキング

      注目トピックス