文字サイズ

首位陥落 決死のリレーも中崎誤算…痛恨リリーフ失敗で交流戦最下位脱出ならず

 「交流戦、広島2-6ロッテ」(18日、マツダスタジアム)

 真っ赤なスタンドに鯉党の悲鳴がこだました。2-2の延長十一回、6番手で登板した広島・中崎翔太投手が1死三塁のピンチを招き、代打・清田に左前決勝打を浴びた。痛恨のリリーフ失敗で、巨人に首位の座を明け渡した。

 「打たれたので、甘いところにいっているということ。しっかり投げないといけなかった。いい球が投げられていないので、何かを変えないといけない」

 あまりにショッキングな敗戦だ。1点リードの六回から勝利の方程式を投入し、逃げ切りを図った。しかし、七回に登板した中村恭が18試合ぶりの失点で同点とされた。九回からは守護神フランスアを2イニング起用。決死のリレーも、最後に悪夢が待っていた。

 「3番バティスタ、5番西川」に戻した打線も沈黙した。1点を追う四回に西川のソロと安部の犠飛で一時逆転したが、その後はゼロ行進。5打数1安打の鈴木は「僕が打っていたら勝っていた。僕のせいです」と、4番として責任を背負い込んだ。

 これで交流戦は3勝8敗1分けの大失速。本拠地からの巻き返しを誓っていた緒方監督は「接戦をモノにできなかったのは痛いけど、また切り替えてやるしかない。中崎?別にザキ1人の責任ではない」と話した。王者に再び試練が訪れた。

野球スコア速報

関連ニュース

    デイリーペディア

      編集者のオススメ記事

      広島カープ最新ニュース

      もっとみる

      主要ニュース

      ランキング(野球)

      話題の写真ランキング

      写真

      デイリーおすすめアイテム

      リアルタイムランキング

      注目トピックス