文字サイズ

山口「プロの怖さを知った」3回5失点でプロ初黒星

3回、山川に2ランを打たれぼう然とする山口(撮影・園田高夫)
2枚

 「交流戦、西武9-2広島」(6日、メットライフドーム)

 広島の山口翔投手が、3回7安打2本塁打5失点でプロ初黒星を喫した。

 初回、先頭の秋山にソロ本塁打を許すなど2失点。二回に金子侑に左前適時打を浴びて逆転を許すと、三回には山川に特大の一発を被弾。24号2ランを浴びて、この回でマウンドを降りた。

 直球は150キロを計測するなど、プロ初先発初勝利した5月30日のヤクルト戦と同様の力強さがあった。だが、本塁打はいずれもスライダー。「腕が振れなかった」と唇をかんだ。

 佐々岡投手コーチは「そう甘くないということ。怖さを知って、次にどうするか」と背中を押す。2年目の20歳右腕は「プロの怖さを知った。そううまくはいかない。悔しさを味わった。課題をつぶして、死に物狂いでやりたい」と前を向いた。

野球スコア速報

関連ニュース

    デイリーペディア

      編集者のオススメ記事

      広島カープ最新ニュース

      もっとみる

      スコア速報

      主要ニュース

      ランキング(野球)

      話題の写真ランキング

      写真

      デイリーおすすめアイテム

      リアルタイムランキング

      注目トピックス